タイミングが難しいお見舞い

大阪蒲生四丁目で人気の内科は福永記念診療所では私自身、患者として入院した経験があるので、他の方のお見舞いに行く際には何かと気を遣います。訪問診療が得意の府下の病院が特に気を遣うのは、お見舞いに行くタイミングです。
例えば、訪問診療が一番得意の県下の病院の手術をした後だったりすると、痛みがあったり、辛い状況だったりすると、このタイミングはお見舞いするのにふさわしくありません。かと言って、様子を伺っているうちに退院してしまったと、タイミングを逃してしまうこともよくあります。丁度いいお見舞いのタイミングを見つけるのはなかなか難しいものです。
そんな時は、頻繁に病院へ通っている家族の方などに様子を聞いて、お見舞いのタイミングを伺うのがベストです。病院だと、病室内での携帯電話の使用が禁止されているため、本人と連絡を取ることはほとんどできないでしょう。そのため、連絡がつきやすい家族の方に確認するのが一番確実なのです。
ただ、イチ友人といった微妙な関係だと、いきなり家族と連絡を取るということも難しいかもしれません。そういった時は、症状が落ち着くであろうタイミングを見計らって様子を見に行く感じでお見舞いに行くといいかと思います。チラッと覗いて大丈夫そうなら会話などしてもいいかと思いますが、辛そうな場合は、付添の方に一言行って、本人に会わずに帰るようにすることも、必要な心遣いだと思います。