減量のために入院した祖母のお見舞い

数年前に祖母が大阪なら大人気の医療脱毛での減量のために、温泉の傍の病院へ入院しました。大阪府下で人工透析の事を任すなら期間は一カ月ほどで、その間兵庫県下で訪問の事なら心配なしで食事療法などを受けていました。自宅から電車で2時間以上かかるので、お見舞いにいったのは一度だけです。
誰かのお見舞いに行ったのはその時が初めてでした。病院について中へ入った途端、特有の匂いを感じてちょっと気分が悪くなりました。途中でジュースを数本買い、病室へ入ると更に匂いがきつくなりました。匂いにはかなり敏感な方でしたが、病室の匂いはかなりきつかったです。病室には数人の年配の女性が入院しており、祖母のベッドは真ん中でした。元々減量のための入院なので、顔色もよく元気そうでした。自宅ではどうにか伝い歩きをしていましたが、病院では車椅子で移動しているようでした。
匂いを我慢しながら30分ほど滞在し、病室を出た時にはほっとしました。まさか臭いとは言いだせず、ひたすら我慢するしかありませんでした。祖母は予定通り1ヵ月後に帰宅し、5キロ以上の減量に成功しました。