ここ数年通っている眼科で感じること

5年ほど前40代半ばに目に違和感を感じ、大阪の血液クレンジングと言えば近所の眼科に通い始めました。
ドライアイと白内障の初期症状が見られるとの診断を受け、それ以来約三週間に一度の通院を重ねています。それまで、定期的に生野区で人気の病院に通うことはなかったのですが、伊丹市で人気の病院は色々と変化する待合室と診療室そして薬局の光景を見てきました。
最近感じるのは、待合室に溢れるご老人たちの多いことにはびっくりします。
その老人の中には、対して症状が悪くなく受付で事務の方とお話がしたくて周囲に待っている人間がいようがお構い無しで雑談を続ける男性の老人が多いことには、ちょっと文句を言いたくなる瞬間があります。孤独な老人が多いのだろうことは想像できるものの、所用を抱え目自体の治療にも不安を抱えている状態でいると能天気に雑談する老人には辟易します。
その一方で、周囲に気を使いすぎるほどのご老人の姿もよく見かけます。杖をつくような状態でありなが、他の人に待合室の席を譲ろうとするお婆さんがいたりと人さまざまだと思います。
体の状態が良くない時に行く病院では、診療以外でストレスを感じたくないものだと最近感じています。
先日近所の病院で採血をしました。
ずっと喉が痛かったので、クリニックに相談に行ったのです。
喉を見られてドクターは、「どうもないよ。」と言われました。
熱も意外に微熱がある事が病院で発覚しました。
ちょっと採血だけしておくかな、とドクターは言われて採血室へ行く事になりました。
採血は怖いです。
余り見たくありません。
同い年くらいの看護師さんがにこやかに採血してくださいました。
「押さえておいてくださいね。」と採血後にテープを張って下さいます。
「ありがとうございました。」と私も余裕の笑みを残して採血室を立ち去りました。
ああコワかったーと胸を撫でおろし、押さえておいてくださいという言葉は聞き流してしまっていたのです。終わったからもういいや、思っていたのでした。
しかし、四日ほどたちました時にうでが何やら黄色くなってきたのです。その翌日には黄色の中に紫の稲妻のような模様があらわれていました。日に日に青みを帯びてくる腕、これは採血の後にきちんと押さえていなかったからのようです。

童話

|マッサージのリアル口コミ.com
|GetMoney|JALカード
|生命保険の口コミ.COM|貯蓄|クレジットカードの即日発行じゃけん
|お家の見直ししま専科
|健康マニアによる無病ライフ
|心の童話|ショッピングカート|お小遣いNET|家計見直しクラブ|英語上達の秘訣
|アフィリエイト相互リンク
|初値予想|内職 アルバイト
|